読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とアートとクリエイション。

関西圏を中心に、博物館、美術館をはじめとするアート展、音楽、ファッション系など、興味を持ったり行ったイベントをアップしていきます。

琵琶湖のほとりで、ゆったりお籠りできる教会のようなホテル。

先日は、コーチングセッションを受けに、琵琶湖に行ってきた。

 

場所は、ホテル内のこちらのカフェ。

 ⇒ Café de l’abbye | ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ

場所をコーチの方に提案いただいたんですが、サイトを見て、ことさら異空間な感じがしたので選びました。

 

大津駅から5分に石山駅というのがあるんですが、そこからホテルへの送迎バスが出ています。ホテルは琵琶湖岸沿い。

 

当日はあいにくの雨で少し暗く、送迎バスから見るとレトロな建物が見えました。

それで少し古い印象がしたんだけど…。1990年開業なので、そこまで古い建物でもなかったよう。ヨーロッパの教会のようなイメージなので、クラシックな感じがしたのかもしれない。

 

月曜日の午前中ということで、人も少なく静か。そしてホテルの内装が、思いのほかよかった。

 

入口を入ってすぐの廊下からは、チラ見えのため期待感あり。

f:id:color-image:20160831154634j:plain

 

天井の高いところにすすむと、チャペルとシャンデリアが。

f:id:color-image:20160831154747j:plain

 

360°ビューなので、カメラに入りきれない…!

f:id:color-image:20160831155754j:plain

 

こういう重厚な家具がよく似あいます。

f:id:color-image:20160831154815j:plain

 

カフェは2階。雨にもかかわらず、光がふんだんに入ってきて明るい。

f:id:color-image:20160831154830j:plain

ロイヤルミルクティをいただきました。

 

窓から外を見ると、琵琶湖かな…と思いきやそうじゃないんだよね。

中庭がある。このチャペルのような建物のぐるっと外周が中庭、その外周にも建物(たぶんそこが宿泊する部屋かと)、という面白いつくりのため、人里離れた感じがすごい。山奥の別荘みたいなところにいる気分すらする。

で、あぁそうだった山じゃなくて琵琶湖だったな、と思い出すような感じ。

 

◇ガーデンマップ

 ⇒http://www.royaloakhotel.co.jp/assets/files/garden_map.pdf

 

作家がこもって本とか書いてそうな感じです。

山の中まで行くヒマはないけれども、都心と切り離されてリフレッシュしたいときにおススメ。お茶だけでも気分スッキリでした。

ホテル名が“スパ&ガーデンズ”となってるくらいなんで、スパもいいのかもしんないね。

 

 

ちなみに、こちらがデザインされた建築事務所だそう。他の作品やスケッチも見れておもしろいホームページでした。

www.archvision.co.jp