読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とアートとクリエイション。

関西圏を中心に、博物館、美術館をはじめとするアート展、音楽、ファッション系など、興味を持ったり行ったイベントをアップしていきます。

素足によるペインティングとは?そして始皇帝。-国立国際美術館

アート・絵画・書 開催中・開催予定のイベント情報 歴史

大阪の中之島にこんなかっちょいいビジュアルの美術館があるらしい。

 

国立国際美術館 | OSAKA-INFO 大阪観光情報 ASIAN GATEWAY OSAKA)

f:id:color-image:20160804221104j:plain

 

「○○らしい」って表現ばっかりで恐縮だけど、そんくらい知らない。

中に入るだけでもワクワクしそうな美術館。

中之島地区はよく行くので、ここはチェックしておきたいところだわ。

 

 

最初に目に留まったのがこちらのコレクション展。

f:id:color-image:20160804221325p:plain

B2階【コレクション2】 | 現在の展覧会 | 展覧会 | NMAO:国立国際美術館

 

意味が分からないから惹かれたのか。解説を読んでも、謎が深まるばかり。

Recollection(回想)をテーマとして、「行為/痕跡」、「記憶/歴史」、「運動/空間」という三つのキーワードと関連づけながら所蔵作品を紹介します。

うん、めっちゃ抽象的!

でもこういうテーマだと、観た人が自由にキャッチして解釈していいんじゃないかな、という期待も湧く。

 

「行為/痕跡」では、白髪一雄の素足による独自のアクション・ペインティング作品《天雄星 豹子頭》等を展示します。中国の歴史小説水滸伝』に登場する豪傑として知られた豹子頭(林冲)の名を作品に付したことに作者の意図が込められています。 「記憶/歴史」で紹介する《インヴェントリー》はフィオナ・タンによる映像作品で、イギリスの建築家ジョン・ソーンが蒐集した古典的彫像や装飾品が陳列さ れた邸宅を撮影しています。複数の映像画面が作り出す世界は、人類の遺産を収集・保存・展示する営みを静かに問いかけます。「運動/空間」に展示する野村 仁の《'moon' score》は、35mmフィルムに、まず五線譜を写し、次に望遠レンズで月を撮影して、そこに生み出される譜面を元に音楽が奏でられることによって一つ の作品となっています。夜空に浮かぶ月影への想いが作品に結実していったといえるでしょう。 

 

ううーーーーん。文章が難しい…汗。

実際に見て初めて、入ってくるんだろうなあ。

にしても、素足による独自のアクション・ペインティングというのが気になる。

行くまで分からない要素が多いイベントに突っ込んでいくのは割と、好きです。

 

***

 

こちらの美術館で、どっちかっつーとキャッチーなのはこちらでしょう。

 

f:id:color-image:20160804221927j:plain

B3階【始皇帝と大兵馬俑】 | 現在の展覧会 | 展覧会 | NMAO:国立国際美術館

 

ちなみに、最近までは中国の歴史になど、まったくといっていいほど興味なかった。

どの国が攻めてきて、どの国が統一して…とかばっかりで、現代に生きる自分に関係ないし!と思ってたし。

この美術館を見てても、うっかり土偶のオッチャンだらけの、可愛げのない(失礼)この写真をスルーするところだった。

 

もちろん、今はこのマンガのお蔭でそれも変わり始めてる。

キングダム 41 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

今年に入って、よーやくこのマンガの存在を知って(それも遅いんだけどね)。おお、秦の始皇帝とあらば、今なら面白いでは?と思った次第。

それでも、ストーリーもすべて理解しているとは言えないけどね。やっぱり歴史は、国同士の絡みが複雑すぎて難しい…。

 

この展示では、どうやら始皇帝の墓のひとつ、兵馬俑(へいばよう)が見られるらしい。どうやら、「俑」というのが、写真の土偶っぽいオッチャン達だ。つまり墓に埋葬されている人馬や家屋や生活用具をかたどったものを指すらしい。

 始皇帝兵馬俑坑では、現在までに約8000体の俑が確認されている。兵士の俑にはどれ一つとして同じ顔をしたものはない。

 これ、すごいよね。どれだけ考えられてんだっていう。

 

漫画情報しか知識がなくってアレだけど、漫画『キングダム』には人民一人ひとりを大切に思い、ちゃんと声をかけてまわる始皇帝の姿が描かれている。顔が違うのには、そういった意味でもあるのだろうか。

 

いずれも、10/2までね。これだけ余裕があれば行けるかな。

 

国立国際美術館

・開館時間 :10:00~17:00、金曜日は19:00まで (入場は閉館の30分前まで)

・休館日 :月曜日(ただし、7月18日(月・祝)、9月19日(月・祝)は開館)

・住所:〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55

・アクセス:地下鉄四ツ橋線「肥後橋駅」、JR大阪環状線「福島駅」東西線新福島駅」、阪神「福島駅」より徒歩10分、京阪中之島線渡辺橋駅」より徒歩5分

  

www.nmao.go.jp