読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とアートとクリエイション。

関西圏を中心に、博物館、美術館をはじめとするアート展、音楽、ファッション系など、興味を持ったり行ったイベントをアップしていきます。

なぜ毎月、美味しいものを食べに旅をするのか?

旅行 飲食店・料理

 

 

先日、大阪から和歌山に旅行に行った。

 

私は今年、パートナーと、

「毎月、新しい県外に出て美味しいものを食べよう」という

ちょっと楽しい目標を立てている。

 

なぜそんな楽しいことが「目標」なのか?というと

意外と、楽しいことって「義務」に押しやられて

「まー、やらなきゃやらないでいっか」みたいになっちゃう

危険性があるからだ。

 

やれたら嬉しいけどやらなくていい

ってものほど、

実はいちばん人生を豊かにする。

 

逆に言うと、そういうものを減らせば減らすほど

人生は枯れてしまい、意味のないものになりがちだ。

 

私はいっとき、マジメ人生を行き過ぎて

割とそういうのを置き去りにしがちな禁欲人間と化していた。

そしたら、それはもう、つまらん人間の出来上がり。

 

そして、その反動はやっぱりどこかに出ちゃうのね。

 

一時期は恋愛返上して仕事しすぎて、

最後は仕事も失敗したくらいの、アホマジメだったな。

 

 

―――

 

 

まあそういう過去の暗い話は置いといて。

 

今年は

1月:兵庫県でスイーツ&コーヒーと牛タン焼肉

2月:奈良県で世界一スイーツと超こってりラーメン

3月:京都府で超老舗焼肉屋

 

狙って行ったものと、偶然出会ったものがあって

結果的にプランがどれも満足いくものだった。

 

f:id:color-image:20150503224938j:plain

今回の和歌山は、どうだろう…。

 

和歌山と言えば、海。

海と言えば、海鮮

 

よし、海鮮にしよう。

と事前に決めた。

 

やっぱり太平洋の魚はうまいのかな。

期待を胸に、田舎道を電車はひた走る。

 

f:id:color-image:20150503225022j:plain

割とずっとこんな感じ。

 

で、着いた。

JR和歌山駅

 

観光目的ではまあ、きっと来ないであろう駅だけに

人がほとんど歩いていない、平日のお昼。

 

地理もまったくもって分かんないのと、

なんだかいいお店っぽいのがあってそれ狙いで

この駅なわけだ。

 

f:id:color-image:20150503225151j:plain

 

うん、店構えもいい感じ。

 

ちなみに、私とパートナーは

心理学を学び、シゴトにも活用している。

 

その理由からか、何かお店や商品を見るときは

そのお店にいる人や、作り手の心理をあれこれ想像するのが趣味だ。

 

それらを総称して、

「お店のセルフイメージ」と呼んでいる。

 

お店に関わる人たちが

自分たちのことやお店のこと、商品を誇りに思っていたら

そのお店のセルフイメージは、高い。

 

それは店頭やチラシやキャッチフレーズ、

お店全体の動きを見ていると、なんとなく伝わってくるものだ。

 

そして、セルフイメージの高いお店は

料理の味も奥深く楽しく、何よりエネルギーが高い。

 

別に私達は言うほど美食家ではないが、

そういうことを感じ取りながら食事をする、

ハタから見たらただの変人なわけだ。

 

まー、変でいい。

これが私たちの楽しみであり、ひいては

シゴト感覚を研ぎ澄ますのにも役立ってくれているから。

 

この感覚をうまく表現できてるかは分からないが

そんな前置きもあった方が私たちの感覚も伝わるかもしれない。

 

まあ、そんなわけで。

さっそく、お昼の定食を注文してみた。

 

…長くなったので続きは次回。