読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とアートとクリエイション。

関西圏を中心に、博物館、美術館をはじめとするアート展、音楽、ファッション系など、興味を持ったり行ったイベントをアップしていきます。

旅と映画とクリエイション。

 

 

「生活」という言葉を聞くと

なにかこう、乾いたような感覚をおぼえたり

ささくれだった気持ちになるのはなぜだろう。

 

最近このように思うことがありました。

 

 

私にとっては「生活」という言葉が

 

なにか自分と分離したような

敵となって追いかけてくるようなものという、

そういうイメージがずっとつきまとっていたのです。

 

中にはこういう感覚に

共感する人もいるかもしれません。

 

いつから分離してしまったのだろう。

 

生活と、趣味とが。

プライベートや家庭と、仕事が。

遊びと、仕事が。

友達という人間関係と、

付き合いという名の人間関係とが。

「ウチの」コミュニティと「よその」コミュニティとが。

身体と、魂とが。

 

ぜんぶ自分の一部なのに。

それはすべて「生活」という言葉の中にあるはずなのに。

 

私の中で、しっくりと結びついてこないのが

ずっと不思議でした。

 

 

f:id:color-image:20150424003528j:plain

―――

 

 

私は子供のころから

住む家も学校も習い事も

あちこち転々としてきたので

 

異質なものを常に取り入れ続けてきました。

 

そのプロセスで興味を持ったのが

『異文化融合』という概念です。

 

いっけん、分離しているようにみえる

異質なもの同士が出逢ったとき、

どのような新しいものが生まれるのか。

 

そういうものを目の当たりにするのが好きでした。

それが私にとって

生きるのに必要な概念だったから。

 

それは

洋の東西の概念だったり

音楽の融合だったり

ファッションのミックスコーディネートだったり。

 

f:id:color-image:20150424003408j:plain

 

分離しているもの同士にある

共通点をさがすことで

他の場所に行っても生きていけるのです。

 

そしていつしか、

さっき挙げたこんなものも

融合していけないかと考えるようになりました。

 

生活と、趣味。

プライベートや家庭と、仕事。

遊びと、仕事。

友達という人間関係と、

付き合いという名の人間関係。

「ウチの」コミュニティと「よその」コミュニティ。

身体と、魂。

 

 

自分を介してそれらの世界が存在する以上

それはすべて根っこのどこかでつながっている。

 

私はそんな世界観を持っています。

 

 

―――

 

 

いままでは、学び、経験してきたことの

エッセンスを語るのが楽しかったのですが

 

感受性をひらくにつれて

異質なもの同士のつながる、その間にある微細なものや余分なもの、

目に見えない背景にあるものを感じ取るほうが

面白くなってきました。

 

「融合」という世界観をベースに

見えてきた「つながり」を語りたくなりました。

 

f:id:color-image:20150424003442j:plain

 

仮タイトルは、

『旅と映画とクリエイション。』

 

この3つは、今私が興味のあることです。

 

・旅は…異文化、他の地域とのつながり

・映画は…他人の人生が持つストーリーとのつながり

・クリエイションは…他の人の持つ心象風景とのつながり

 

こんなことを感じ、観察することができます。

 

異質なもの、分離したもののつながりを理解することで

冒頭にあげた「生活」というもののイメージが

イキイキとしてうるおいのあるものになるんじゃないかって。

 

 

そんなイメージを持ちながら、

スタートしてみることにします。